【住宅設備DIY】洗濯機が壊れた!?と思ったお話し【3:問題の解決・再発防止】

WP_20160810_05_43_12_Proということで、大量にへばりついたヘドロのようなゴミを洗浄し元に戻したところ、ゴッポゴッポと正常に排水されるようになり無事洗濯機が復旧しました。

あー面倒なことにならずによかった。

で、再発防止のために対策を講じようと、ひーたんにそもそも最近排水速度が落ちてきていなかったか確認。
が、全自動洗濯機のため各工程間の排水時間までは確認できておらず、そのあたりでアラートを上げることは難しそうです。
(新品購入時に標準工程の必要時間を測定しておいてタイマーで遅延時間を確認するなんてこともできますが費用対効果薄すぎ。)

その確認・再発防止検討のさなか、
わたし「そもそもこのヘドロみたいな汚れひどいね、こんなに汚れるんだね~」
ひーたん「あ、洗濯槽クリーナーかも・・・年末大掃除の時にやったんだよね・・・。」

それか!!

洗濯槽クリーナーやったことある方なら知っていると思いますが、洗濯槽クリーナー使うと絶望的なまでのヘドロのようなごみが洗濯槽に浮遊してきて目を疑います。
おそらくその時に大量に排水されたヘドロのようなものがきっかけとなり、徐々に詰まっていったのではないかと思われます。
ということで教訓としては・・・

教訓:洗濯槽クリーナーを使用した場合は、排水トラップも掃除すること!

です。一年に一回程度のことなので、大掃除のタイミングなどで実施するとよいでしょう。
下手に知識があると問題を過大評価して大げさにする傾向があるという好例ですね。

まずはメンテナンスの基本、清掃をしっかりしてそこから疑うべきですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です