【DIY】色落ちでついたズボンのシミをパーフェクトに消す 其の壱

妻を責めてはいけない

もしあなたのお気に入りのズボンを、あなたの愛するパートナーが洗濯の時に色物管理をしっかりできず、色落ちした洗濯物から色移りさせてしまったとしたらどうだろう?
あなたはパートナーを叱責するだろうか?

世の悟りをすべて開いた仏陀のような人徳者ならそれも可能だろうが、多くの人はそうではないだろう。
だがそれを恥じることもこのエントリーを見てからはなくなると思われる。

なぜなら、シミをパーフェクトに消す方法を見つけてしまったから!

シミ消しの物理的な効果とパートナーとの良好な関係を保つことを両立させる革新的なソリューションとして、このエントリーを”シミ消しサカキバラメソッド”と呼ぶこととしようそうしよう。

現物確認

WP_20151218_21_02_49_Pro

さて気をとりなおして・・・大好きな白いパンツについてしまったぼんやりとしたピンクのシミ。
これは、同時に洗濯した私の真っ赤なランニング用ジャケットに起因するものです。
ひーたん(愛妻)もそこそこの経験値を積んだ主婦なので、色物と白いものを一緒に洗濯していけないことぐらいはわかっていますが、まぁ事故というものは往々にして起こるものです。
責めてはいけない。

WP_20151218_21_02_55_Pro

ご覧のように、はっきりと色移りしています。

影響範囲が大きく、簡単に消せそうにはありません。

もう着られないかなーと思ったのですが、その時神から”シミ消しサカキバラメソッド”の掲示が下りたのです!ハレルヤ!

シミ消しサカキバラメソッドに使う材料

WP_20151218_21_12_13_Pro

  1. 40℃のお湯 ・・・500ml + 6L
  2. 塩 ・・・50g
  3. 汚れ防止の手袋
  4. 大きな桶
  5. 500ml以上入るペットボトル
  6. 魔法の粉 ・・・適量

この魔法の粉がシミ消しサカキバラメソッドに重要な「タネ」なので、種は最後に明かします。
勘のいい人はとっくにわかってると思いますが。

最初はステンレスの洗い桶でやろうと持ったのですが、サイズ小さかったのでタブトラッグスに変更しています。

WP_20151218_21_21_58_Pro

実践編は明日に続きます。

今回使用した資材や道具など

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伯方塩業/伯方の塩(粗塩) 1kg
価格:343円(税込、送料別) (2016/12/22時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です