【DIY】色落ちでついたズボンのシミをパーフェクトに消す 其の弐

シミ消しサカキバラメソッドの実践

さてでは始めてみましょう。手順の概要は以下の通りです。

  1. 6Lのお湯に塩250gを溶かす
  2. 魔法の粉をお湯500mlに溶かす
  3. 1と2を混ぜ合わせる
  4. 3にシミの付いた衣服を入れ、時々混ぜながらよく浸す
  5. 衣服をすすぐ
  6. 干す
  7. 出来上がり!
シミ消しサカキバラメソッド 詳細手順
1.6Lのお湯に塩250gを溶かす

WP_20151218_21_12_45_Pro

最初台所にあったステンレスの洗い桶を利用しようと思ったのですが、思ったより湯量が多く、途中からタブトラッグスに変更しました。どちらも魔法の粉の影響を受けない材質です。最初からかなり大きめの容器を用意したほうがいいでしょう。

WP_20151218_21_21_58_Pro

やっぱこっちで。

2.魔法の粉をお湯500mlに溶かす

WP_20151218_21_03_12_Pro

かなり怪しい色ですが、魔法の粉を溶かします。上記の反省を生かし、1.5Lのペットボトルで作成しました。
特に問題はありません。秘訣はよく粉を溶かすことです。

WP_20151218_21_26_07_Pro (2)

3.1と2を混ぜ合わせる

WP_20151218_21_29_52_Pro

最初から混ぜレバーと思いますが、こういう場合、粉が溶けにくいことを想定して別々に溶かすのがセオリーです。
ていうか、魔法の粉の説明書にそう書いてあります。手順は守りましょう。

4.3にシミの付いた衣服を入れ、時々混ぜながらよく浸す

WP_20151218_21_29_59_Pro

うっすらシミが見えます。シミよさらば!!

WP_20151218_21_30_17_Pro

シミ消しサカキバラメソッドのメインタスクです。
液に十分浸るように、かつムラなく均等に衣服全体にいきわたるように、よく混ぜます。
時にはゴシゴシしてやるのもいいでしょう。

WP_20151218_21_30_29_Pro

なんどか混ぜ混ぜします。

WP_20151218_21_46_00_Pro (2)

うぉっと、アヒルが!

この状態で、45分放置します。放置しながらも、時々かき混ぜてやります。
え?色がついてる?大丈夫、魔法の粉の色です。
最終工程ではしっかりとシミが消えますから!!!

5.衣服をすすぐ

WP_20151218_22_13_40_Pro

程よくいきわたり、魔法の粉汁が全体にいきわたったらまずはザっとすすぎます。
ザっとすすぎ終わったら、洗濯機ですすぎにかけましょう。
遠慮なくガンガンすすいでください。シミ消しサカキバラメソッドの最終工程です!

WP_20151218_22_29_55_Pro (2)

6.干す

WP_20151218_22_36_27_Pro

すすぎ終わったら、しっかりとしわを伸ばしてよく干しましょう。
程よく乾燥したら出来上がりです!

確認してみる

さて、現物を確認してみると、しっかりとシミは消え去っています。
あんなに目立っていたシミがどこにあるのか全く分かりません

色移りしたことに怒っていたのが馬鹿らしく思えてきます。
ほんと笑っちゃうレベルですね!

ちなみに、ついでに色移りしたシャツも同じようにシミ消しサカキバラメソッドで蘇りました。
パンツだけではなくシャツにも使えるということは、どんな衣服、衣類布類にも使えるでしょう。

シミ消しサカキバラメソッドすごい!!!

どのような素材に使えるのか確認してみる

魔法の粉の注意書きを読んでみると、どんな素材に適しているか書いてあります。

WP_20151218_21_08_03_Pro

天然素材、レーヨンに効果が高いようですね。
逆に化学繊維は効果が薄いようです。

ただそもそも、化学繊維は色移りしにくいので使うまでもないですね。

※なおこのシミ消しサカキバラメソッドを実践したことによるいかなる損害も当方では負いかねます。
ご利用は計画的に。

今回利用した資材や道具

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイロン プレミアムダイ
価格:530円(税込、送料別) (2016/12/22時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です