「家電修理」カテゴリーアーカイブ

【住宅設備DIY】洗濯機が壊れた!?と思ったお話し【3:問題の解決・再発防止】

WP_20160810_05_43_12_Proということで、大量にへばりついたヘドロのようなゴミを洗浄し元に戻したところ、ゴッポゴッポと正常に排水されるようになり無事洗濯機が復旧しました。

あー面倒なことにならずによかった。

で、再発防止のために対策を講じようと、ひーたんにそもそも最近排水速度が落ちてきていなかったか確認。
が、全自動洗濯機のため各工程間の排水時間までは確認できておらず、そのあたりでアラートを上げることは難しそうです。
(新品購入時に標準工程の必要時間を測定しておいてタイマーで遅延時間を確認するなんてこともできますが費用対効果薄すぎ。)

その確認・再発防止検討のさなか、
わたし「そもそもこのヘドロみたいな汚れひどいね、こんなに汚れるんだね~」
ひーたん「あ、洗濯槽クリーナーかも・・・年末大掃除の時にやったんだよね・・・。」

それか!!

洗濯槽クリーナーやったことある方なら知っていると思いますが、洗濯槽クリーナー使うと絶望的なまでのヘドロのようなごみが洗濯槽に浮遊してきて目を疑います。
おそらくその時に大量に排水されたヘドロのようなものがきっかけとなり、徐々に詰まっていったのではないかと思われます。
ということで教訓としては・・・

教訓:洗濯槽クリーナーを使用した場合は、排水トラップも掃除すること!

です。一年に一回程度のことなので、大掃除のタイミングなどで実施するとよいでしょう。
下手に知識があると問題を過大評価して大げさにする傾向があるという好例ですね。

まずはメンテナンスの基本、清掃をしっかりしてそこから疑うべきですね!

【住宅設備DIY】洗濯機が壊れた!?と思ったお話し【2:問題の確認】

洗濯槽にある水浸しの洗濯物をタブトラッグスに押し込んで、洗濯槽の状況を確認します。
電源OFF/ON→すすぎメニューを選択して実行すると、命令は受け付けてすすぎフェーズに入ります。
通常この段階で排水用の電磁弁が開いて排水を開始しますが、電磁弁が動作する音は聞こえます。

うーん・・・。

  1. 電磁弁が動作はするものの100%動作せずに排水しない
  2. 100%動作しているが、それ以外の要因で排水しない

どっちかな・・・

1だとどのみち修理か買い替えという選択肢になるので、まずは2を確認することに。

すすぎフェーズのまま放置して水位の推移を確認します。
10分ほど再びエラーが発生するまで放置して確認すると、微量ながら水位が減っています。
ということは、排水経路のどこかで滞留している??

ただ、排水路は大概30φ以上はある太い配管なので、いくら汚水と言えどそうそう詰まることはないんじゃないかと疑います・・・。
一縷の望みを託して洗濯機本体から排水口まで接続してあるホースを外してみると・・・

うわわわわわ・・・汚水が流れ出てくる!!!

WP_20160810_05_43_43_Proということは排水用ホース??
と疑い、排水用ホースを取り外して洗浄します。
・・・が、それほど汚れはひどくありません・・・普通に水が流れます。

面倒だなーと本体側の排水路の詰まりを疑います。
とその前に、排水溝そのものをもうちょっときれいにしておこうと思い立ち排水口に手を突っ込んでごそごそしていると・・・

「こいつ・・・動くぞ??」

 

 

WP_20160810_05_44_08_Pro排水ホースが接続される排水口に、なにやらショートパーツがあります。
うまいこと引っ張り出すと、ストレート配管された排水路に後付けで設置するための排水トラップでした。

ほほーう、これは賢い!

調べてみると、洗濯機用に専用開発されたものが多数あります。知らんかった。
大きく二種類あるようで、開放型と密閉型、開放型はその名の通り排水口と接続ホースの接続部が大気に暴露されていて、単純に流し込むタイプ。
排水トラップはあるものの、排水口そのものが汚れた場合匂いが設置場所に充満しそうな形状です。 (写真は清掃後です。あまりにも汚かったので・・・。)

対して密閉型は、排水口と接続ホースの接続部が密閉されていて、設置場所に排水路の空気が暴露しない構造になっています。
そのため、排水トラップに汚れがたまってトラップ内で水が流れなくなるとどうなるかというと・・・

  • 開放型・・・洗濯機から排水はされるが設置場所に排水があふれ出して大変なことに!!!
  • 密閉型・・・解放されていないので、洗濯機の電磁弁の位置から全く水が排水されないことに!!

↑これやね。

今回の場合、密閉型が設置されていたため排水トラップ内でのつまりが洗濯機にまで及び、排水時間がタイムアウトしてエラー「U2」に至ったというわけです。

勉強になるわー。

以降、次回。

【住宅設備DIY】洗濯機が壊れた!?と思ったお話し【1:インシデント発生】

こんにちは。DIY、楽しんでいますか。

家庭でのDIYって、二種類あります。
一つは、計画的なDIY、やること決めてそれに従って作ったりするものです。
もう一つが、突発的なDIY、計画はしていなかったけど、やらざるを得ないものです。
概ねDIY修理などが相当します。
修理が必要だけど、応急処置でなんとか凌げるものはいいのですが、そうじゃないと
かなり困ります・・・。

先日の給湯器の配管の破裂騒ぎもそんな感じですが、応急処置が有効だったため落ち着いて対処できた例ですね。

で、タイトルを見ればわかる通り、今回は洗濯機のトラブルです。

当日は友人が遊びに来るということもあり、家中朝早くからバタバタしておりました。
私は私でレジャーの準備をしており少し家を離れていたのですが、一時帰宅したときにひーたんからの悲痛な報告が届けられます。
「洗濯機が壊れた~」
状況を確認すると、洗濯(一次)が終了した後、次のすすぎ→脱水という処理に移行せずエラーを吐いて止まっているというもの。
洗濯層には無残にも水浸しになった洗濯物が放置されています。
エラーコードは「U2」という、我々世代からするとなじみの深いネタが二つも思い浮かぶ単語です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン [ U2 ]
価格:2134円(税込、送料無料) (2016/8/10時点)

早速取説で確認すると、「排水異常」とのこと。

たしかにすすぎに際して一旦排水されるべき一次洗いの汚染水が洗濯槽に滞留しています。

なんどか再起動(電源ON/OFF、電源プラグ抜き差し)してみるものの状況は変わらず、すすぎ処理は実行されるものの、しばらくすると「U2」の表示が現れます。

とっさに思いついたのが排水するための電磁弁の故障。
汚水を排水するために設置されているものですが、洗濯で利用した汚水に暴露される環境なので、故障してもおかしくありません。
結婚したときに購入した洗濯機なのでもうすでに12年使用していることもあり、一瞬
「いっそ買い替えか…」とも思ったのですが、洗濯機高いんですよねー。

↑そんな金ありません。

最近お財布事情苦しいので、この想定外の出費は避けたい。
かといって内臓部品の交換となると部品取りよせまで時間がかかるし、洗濯物は日に日に増えていくので一刻を争います。

なんとしたものか・・・。

来客が控えていたのですが、幸い友人から「ちょっとトラブルで遅れるー」との連絡も入ったので、一旦落ち着いて考えることに。

以降次回。