【車DIY】原チャリのバッテリーが上がって困惑・・・結果

涼しくなりましたね。
基本暑がりの私には、ちょうどいい季節です。

さて、最近事務所からの移動は専ら原付に頼っています。
人間楽することを覚えるとだめですね。
全然自転車に乗らなくなってしまいました。
ここのところ専ら横に成長してます。

そんな原チャリなんですが、先日うっかりキーを刺したまま、しかもIGN-ONのままになってました。

どうなるかというと、バッテリーがアガります。
エンジンかかってないとヘッドライトなどの灯火類のようなヘヴィに電力消費するものはONにならないのですが、最近の原チャリは偉そうにコンピュータ制御のインジェクション車両なので、その辺の電子デヴァイスを駆動するのに結構な電力を食うようです。

残念ながらそれらがバッテリーを食い尽くし、セルがうんともすんとも言わなくなりました。

普通ならバイク屋に駆け込みたくなるところですが、しかししかし、原チャリ(をはじめとする小排気量車や一部の大排気量車)のいいところはキックスターターというプロダクト製作のための金集めの手段セルに頼らないエンジン手動手段があるのです!

ということで、キーをIGN-ONにしてキックをスコスコ踏み込むわけですが、強靭な筋力を誇る私の大腿筋と大殿筋のコンビをもってしてもかからない。おかしい。おかしいおかしいおかしい。

初爆どころか未燃焼ガス臭さもなく、ふと頭をよぎったのは

「まさかバッテリー枯渇してるとECU死ぬとか?」

いや、まさかじゃなくてそのようです。
普通に考えたらそうですよね。ガックシ。
キャブならバッテリー外しててもかかるじゃねーかよふざけんな!

ここでECUにあたってもしようがないので、バッテリーの復活を試みます。
がしかし工具や設備がふんだんにある自宅ならいざ知らず、ここは会社の事務所。
枯渇したバッテリーの復活など・・・できますね。

ということで用意したのはノートPCの充電用アダプタ。
なんでも良いというものではなく、対象のバッテリーの充電適正値当たりの性能を持っている必要があります。

今回の場合、バッテリーはFTH4L-BLで性能は12V 3Ah。
適正な充電方法は、通常0.4Aで5~10時間、休息の場合4Aで30minとあります。電圧は14V程度が良いでしょう。

そんな要件に見合うアダプタがあればいいのですが・・・
ありました。
ノートPCではなくカッティングプロッタのアダプタです。
OUTPUTは19V1A。やや電圧が高いですが、まぁ相手はバッテリーだし大丈夫でしょう。できればなんらかの負荷を接続して電圧を14-5V程度にしてあげたいところですが、さすがにそこまでのアイテムは事務所にありませんでした。

今回はECUに電力供給できる程度に復活できれば良いので、10分刻みで充電しながらキックスターターでエンジンをかけるというサイクルを繰り返しました。
ケーブルは電源配線に使ったVVFケーブルを使用。

IMG_20180607_205116802_HDR

充電中の図。
出力電圧がやや高いのが気になったので、時々バッテリーやアダプタを触って異常な発熱がないか確認しましたが、特に問題なさそう。

最終的には30分超充電したところでキックでかかりました。

この充電器、電圧と電流が適正なら車のバッテリーにも応用できるので、出力14-15V、3-5A程度のアダプタの廃棄の必要が出たときは、VVFケーブルなどとともに車のトランクに詰め込んでおきましょう。

きっといざというとき役立つはずです。

※ご利用は計画的に

【PC&Gadget】スマホをHUAWEI P20に変更した。

IMG_20181019_152311019_HDR

永らく(といっても2年ぐらいか)使っていた、MotorolaのMoto G4 Plusがいろいろと不具合を抱えてきたので、致命的ではないものの業務のこともありスマホの変更を余儀なくされました。

変更時の条件はいろいろあったものの

  1. 安定して動作すること
  2. (できれば)軽快に動作すること
  3. SIMフリーであること
  4. 技適を取得していること
  5. DSDSであること
  6. 写真がきれいに撮れるとうれしい
  7. 条件を満たせればメーカーはこだわらない
  8. できれば安価であること

が挙げられた条件です。(多いw

中にはややマニアックな条件もあるけど、わからなければググってください。

更新するスマホの候補

さて、そんな条件の中から候補に挙がったのが、HUAWEIのP20 pro、P20、Google Pixel 2、HTC U12+、iPhoneXなど。

いろいろ条件はあげつつも、正直なところ一番重視したい要素は6.の写真撮影性能であり、そんなスマホの写真性能の比較検証を行っているサイト「DxOMark」の評価結果が多分に反映された候補と言っていい感じ。

Home

Home

その候補の中からその他の条件を絞り込むと、P20、P20 Pro、U12+あたりが残り、最終的には予算的な都合で消去法によりP20に決定されたという流れですかね。

ということで、早速購入。
今更汎用OSのAndroid機に特に説明することもないですが、以下のような点が「ほほーぅ」となった点。

  • 顔認証スゴイ(Surface の Helloで体験済みではあるけれど)
  • NFCついてるやん(使い道ないけど<名古屋の地下鉄私鉄ははよNFC対応してくれ>)
  • DSDSちゃんと機能してる!(MotoG4が不具合だっただけ)
  • 細かい機能がたくさんあるー
  • 動作サクサク!
  • うーん、やっぱ写真綺麗だわ!
  • ・・・Nano SIMやん

特に写真については一番期待していたところなので、ちょっとだけ紹介。

HUAWEI P20で撮影した写真
料理の写真

IMG_20181020_112435

撮影中、勝手に食事の風景であることを認識して最適なモードが設定されました。
個人的にはもうちょっとコントラストがある絵がいいのですが、これはこれでいい感じです。
一般的な、SNSへの飯テロ攻撃にはもってこいでしょう。

夜景モード

カメラを起動すると様々なモードがありますが、夜景モードというものもあります。

残念ながらマンハッタンにも香港にも夜景撮影に出かけられないので、通勤途中に撮影した最寄り駅の写真。

背景は田舎ならではの漆黒の闇、手前の駅のホームは本が読めるほどの十分な照明、中央の線路付近はその中間ですが、オブジェクトが赤茶けた砕石というなかなかに難しい状況。

IMG_20181022_191249

↑こちらは標準モードで撮影したもの。
これでも十分きれいに撮れていますが・・・

IMG_20181022_191243

夜景モード。

空は黒く、照明は白飛びせず、かつ中央の砕石もしっかりと粒度を保って表現できています。すごいわー。

ポートレイトモード

IMG_20181027_124032

今時のスマホにはほぼ当たり前のように搭載されているポートレイトモード。

家族でフラっと買い物に出かけたときの休憩中のシーンを何気なく収めただけですが、肌の色彩、明度はしっかりと確保しつつ、程よく背景をぼかしていい感じになっています。

昔は一眼じゃないとこんなの撮れませんでしたよねぇ。
(でもやっぱり一眼で撮ると細かい描写で一眼に軍配が上がる気がします)

アパーチャモード

アパーチャモードって最近のスマホじゃ普通なんでしょうか。
アパーチャモードにすると、いわゆる「絞り」をマニュアルでコントロールできるインターフェイスが現れて、任意の絞り(おそらく疑似的なものですが)で撮影ができます。
技術資料によると、ダブルレンズの視差を利用して測距し、処理エンジン側で再現しているそうです。

ちょっとサンプルが悪く中距離が甘いですが、絞りに相当する設定を極端に振って撮影してみました。

IMG_20181027_095613

アパーチャ値(絞り相当?)0.95。
いわゆる開放な状態です。0.95ってすごいな。
フォーカスは中央の巻貝に当ててあるんですが、手前の二枚貝も20センチ程度しか離れていませんがいい感じでボケています。
ただちょっと遠景のボケがワザとらしいというか、大げさな印象を受けます。

IMG_20181027_095623

反対にアパーチャ値16。
絞り込んだ状態なわけですが、サンプルが良くない。
中央、その周りはいい感じにフォーカスされてますが、さすがに遠景は若干ボケてます。

まぁでもこれだけわかりやすく設定値によって画質に差が出るので、セオリー通りにポートレートや接写は解放で、風景などは絞って・・・なんてことが手軽にできるので面白いですね。

IMG_20181027_095706

中間のアパーチャ値4.0。

個人的にはこれぐらいがいいかな。
食事撮影なんかはもっと開放気味でとってもいいですね。

期待通りのカメラ性能で、大変満足しております。

番外。Nano SIMについて

もともと使っていたMoto G4 plusがMicroSIMだったこともあり、NanoSIMへの変更を余儀なくされました。
本来ならば、通信事業者へ変更申請すべきところだけどそんな悠長なことしていられない。

ということで、例によってSIMをカットすることに。
そもそも標準SIMをMicroSIMにカットして使用していたものを、さらにNanoSIMにカット。

埋め込まれたICを切ってしまわないか心配になるものの、基本的に露出している端子部分以外に回路部分が入っていることはないので、安心してカットしよう。(ただし自己責任で)

IMG_20181021_104130

中央がカットしたSIM。右がDSDSのセカンダリとして使用している格安SIM。(OCN mobileONE)

大雑把にカットしたら、やすりできれいに整える。
特に問題もなく認識し、うまく運用できている。

最後に

本音で言えば、もう1ランク上のHUAWEI P20 proが欲しいところでしたが、予算の関係で断念。

Proとのカメラ性能の差が気になりましたが、結果的には十分満足いく結果となりました。

またちょっと写真が楽しめるかも。

【ライフハック】見切り品のレタスを手に入れたら

IMG_20181028_135321

最近、ウィークデーの食事が偏っているせいか、週末野菜が食べたくて仕方がないさかきばらです。

さて、今週も週末の食事当番としてお買い物に出かけたところ、見切り品のレタスがありました。お値段なんと見切り価格で50円。

若干のヘタり感がありますが、こんな時に役立つライフハックを知っているので喜んでかごに投入します。

で、持ち帰ってきたらすること。

それが冒頭の写真。
なんのことはない、水に差すだけですね。

写真はすでに二日間にわたりモリモリ食べられた後なのでずいぶん小さくなってしまっていますが、ヘタれた見切り品とは思えないみずみずしさです。
ちなみにこれを撮影したのは、見切り状態で購入してからさらに72時間も経過してから。

おうちの冷蔵庫でくたびれたレタスや小松菜、ホウレンソウなどがあったらぜひ試してみてください。